「やらない後悔よりやって後悔した方がいい」は本当なのか?

それってどういう意味なんだろう?

「やらないで後悔するくらいなら、やって後悔した方がいい」って言葉がある。
でも私にはその意味がよく分からない。
いや、世間の大多数がそう言うんだから、きっと間違ってはいないだろうけど・・・
私は25年間生きてきて、その言葉を実感したことは(たぶん)ない。

見ず知らずの誰かが言っているだけで
周りにいる信頼できる人が言っていることではないし、
どうも自分の中に落とし込めない。
心のどこかで、「絶対そうとは言い切れないんじゃないの?」と納得がいかない。

そんなモヤモヤした気持ちを、ここに一度綴ってみたいと思う。

行動したときの後悔と行動しなかったときの後悔は、
自分が選んだどちらかしか体験できないのに
どうして断言できるんだろう?

結局は自分がどう考えてどう決めるか、である

人間って間違える生き物だし
後悔の重さはケースバイケースのはず。

やって後悔することだってもちろんあるし
一番大事なのは、死ぬほど考えて納得したうえで決めることじゃないの?
納得して決めたことなら失敗しても前を向けるけど
ちゃんと考えなかったことで失敗すれば、当然後悔する。

やらないと後悔する!と思えば行動すればいい。
そう思ったのに行動しなかった時に初めて、
「あのとき行動しておけばよかった」と後悔すると私は思う。

逆に、やらない方がいいのかもしれないなと迷いが出てしまったら、
一度考え直した方がいい。選ぶのも後悔するのも自分なのだから。

自分が選ばなかった道を振り返って、
あのとき違う選択をしていたらどうなっていただろう?と考えたとき、
「ああしておけばよかった」と思うのはおかしなことではないはず。
ないものねだり、なんでしょうかね。。。

自分が選んだ現在と、自分が選ばなかった架空の現在。
どちらも肯定できる自分でいたい。
でも、それってすごく難しいと思う。。。

何かを選ぶとき、毎回全部死ぬほど考えるわけにはいかないし
慎重になりすぎても良くない。

今まで私が後悔したことはいくつもあるけど
ほとんどが取るに足らないことばかり。
大学でこんな勉強もしたかった、とか
こんなバイトもしたかった、とか。
そんなの社会人になった今からでもチャレンジすることはできる。
当時は自分なりに勉強頑張ってたし、
サークルもバイトもいい仲間に巡り合えて充実した時間を過ごせていた。
あのときの選択は間違っていないと胸を張れるし、
そのおかげで今の自分がいると本気で思える。

もっとこうしたかったという思いは
今より時間があった学生時代に他のことをやっていれば、
今がもっと楽しいかもしれない、
今はどんな自分になっているのか知りたい、
という欲張りな好奇心にすぎない。

やりたいと思ったときにやらなければ意味がないことは分かってる。
きっと今からでもやり直せるし、それも人生だと割り切ることができている。

私が後悔していること ~初めての恋愛で失ったもの~

ただ一つ、ずっと引きずっている後悔がある。
あのときの自分の選択は正しかったのか、
ずっと自問自答しているけど答えが出ない。

私には大学卒業まで彼氏がいなかった。
中高時代は女子校で、大学でも女子とばかり仲良くしていて気づけば卒業。
そんなこんなでまともにデートもしたことがなかった22歳の私は
入社後の研修で同期の男子と仲良くなり、なんと告白されて付き合うことになったのだ。

恋愛経験がないうえに、あまりにも急な展開でパニック状態。
でも、同期は一生の宝だという。
この先何十年と一緒に頑張っていく戦友たちと
いざこざを起こさずに仲良くしたかったし
もし恋愛に失敗したら痛い目みるのは私でも分かっていた。
なのに、相手に言い寄られると悪い気はしなくて、
男として好きなのか友達として好きなのかが分からないまま
告白にOKして付き合うことになった。

結局、はじめての恋愛で相手への接し方が分からなくて塩対応になってしまい
中学生みたいな恋愛しかできなくてフラれた。
フラれた理由も、はじめての私にはちゃんと理解できずに終わった。

いま思うと、たぶん男として好きだったんじゃなくて友達として好きだったと思う。
私に少しでも恋愛経験があったら、
告白にOKする前に自分の気持ちを確かめられたと思うし
相手をその気にさせてしまうこともなかったと思うし
自分も相手も傷つくことはなかった。
相手にも本当に申し訳ないことをした。
結局、フラれてからはまともに対面で話ができなくなってしまった。
そもそも姿を見るのも声を聞くのも、胸がズキズキしてつらい。
周りの同期からもたぶん気を遣われている。

はじめての恋愛でうまくいかない可能性はあると分かっていたし
同期との恋愛で失敗するとこういう結果になることも予想できていた。
自業自得だが、相手にも迷惑をかけている。
もう二度と社内恋愛はできない。そんなメンタル強くない。
いまの会社で働き続ける限りは、ずっと十字架を背負い続ける。

告白をOKしたこと、間違っていたかと聞かれると正直分からない。
でも私に恋愛経験があれば、きっと彼と付き合うことはなかった。
そしたら同期の集まりにも気楽に顔を出せていたと思うし、
息が詰まるような苦しい思いをすることはなかった。
せめて誰かに相談すればよかった。でも相談できるような人がいなかった。

でもあのときは、こう思っていた。
社会人になると出会いは減るって言うし、
今後、自分を好きだと言ってくれる人に二度と出会えないかもしれない。
一緒にいると楽しいし、自分の仕事のことをちゃんと理解してくれている。
それに、この年齢まで彼氏ができたことがないっていう焦りもある。
本当にすごく悩んだし、経験値ゼロだけど必死に考えた。
でもやっぱり、うまくいくかいかないかはやってみないと分からないんだから、
「行動しないで後悔するより、行動して後悔しよう」と
そんな風に考えたことも少なからずあったと思う。

自分の選択が正しかったか、間違っていたかとは関係なく、
結果としての悲しい現実は受け入れないといけないし
もう悩んでもどうしようもないことだからすっかり諦めているけれど
彼と付き合わなかった未来を何度も思い描いて泣いた。
私はきっと、告白をOKしたあの日、
あるはずだった大事な何かを失ったのだと思う。

客観的に見て、初めての恋愛で同期と付き合うのは
どう考えてもリスキーだったし
もし別れてしまった後は苦しい状況になることも分かっていた。
なのに、途中で自分の軸がブレてしまった。
恋愛経験ないくせに小娘が何言ってんだ、って思われるかもしれない。
理性でコントロールできないのが恋愛なのかもしれない。
でも、ちょっといいなと思ってた同期と付き合うか悩んで
これを断って一生彼氏できなかったら後悔するかな、って思って路線変更した。
後悔するのが怖くて、選択を誤って結局後悔してる。
間違えたのは私で、彼には申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱい。
もしうまくいって結婚する未来だったとしたら
別に後悔することなかったと思うけど、
でもまあ、そんなんじゃ結婚後も上手くいくはずないか。。。

頑張って就活したのに、入社早々こんな思いをするなんて。
ちゃんと軸がブレなければ、
理性で最初から「同期とはそういう付き合いはしない」という姿勢を貫けたはず。
私は、本当に納得するまで考え抜くことはできていたのだろうか。
冷静になれなかった自分にがっかりした。

そして、自信がなくなり、恋に少し臆病になった。
それから2年間、恋愛する気にはなれなかった。

後悔したくないけど、後悔したっていい

次につながらない後悔は、時間の無駄だ。
反省の要素がない後悔なんて、過去にしがみついているだけで
何ひとつ生み出さない。

どうしたら後悔せずに済むだろう。
私なりの考えは、こうだ。
①後悔ってするときはするものだ、と割り切る(怖がっても仕方ない)
②ここはしっかり考えて決めないと後悔する、という重要なポイントを見極める
③こういう人生にしたいというポリシーを持ち、それに従って決断する

でも、こうも考える。

後悔したっていいじゃないか。
それも人生だ。
その後悔が、血となり肉となり、生きる軸となればそれで良い。
辛くても、それをいつか乗り越えて、前を向いて生きていけさえすれば。

こんな名言がある。
「現在は過去の結果であり、未来は現在の結果である」(籏禮康永)

私たちは過去でも現在でもなく、未来を生きてゆくのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました