実録!こんな不動産屋には気をつけろ!

はじめて一人暮らしをする方へ

お部屋探しって、難しいですよね。
特にはじめて一人暮らしをする方にとっては、
どうやって始めたらいいか、何に気をつけたらいいか分からないですよね。

お部屋探しで、4つの不動産屋さんを渡り歩いた私が
理想のお部屋に巡り合うまでの話をしつつ、
こういう不動産屋さんには気をつけた方がいいという
実体験をお伝えしたいと思います。

参考になれば幸いです。

お部屋探しのはじめの一歩!条件を考える

さぁお部屋探しだ!となってから
まず私が始めたのは、住みたいお部屋の条件を洗い出すこと。

家賃を除いた条件は、ざっとこんな感じ
【必須条件】
・築浅(できれば新築)
・1K
・オートロック
・2階以上の部屋
・最寄り駅から徒歩10分以内
・キッチンに作業スペースがある
・ガスコンロは2口以上
・浴室乾燥つき
・バス・トイレ別
・追い炊き機能
・室内洗濯機置き場
【必須じゃないけど、あったら嬉しい条件】
・会社まで”乗り換えなし”で通える
・新宿、渋谷、池袋などの大きいターミナル駅へのアクセスが良い

うん・・・我ながら、結構高めの条件である。
こんな良い部屋見つかるのだろうか。
家賃は高めになってしまうだろうなぁ。
多少狭くてもいいから、条件に合う部屋が見つかると良いなぁ。

不安になりつつ、とにかく探してみないことには始まらないので
急がず焦らずやっていこう。

条件に合うお部屋をネットで探してみる

さて、ここから実際にお部屋探しを始めよう。
条件に合う部屋ってどれくらいあるのか、まず知るために
ネットでお部屋探しをしてみることにしました。

ここは一番有名どころの”スー〇”を使ってみました。
条件をチェックしていくだけで、簡単に結果が出てくるので
めちゃくちゃ便利です。

実際に内見してみたいなと思う物件を見つけるため、
色々比較したいと思い、3か月くらいほぼ毎日検索を続けました。

写真だけでは分からないことも多いけれど
近くにスーパーがあるとか、学校があるとか、
かなり具体的なピンポイントの条件を見る目が養われたと思います。

昨日、ちょっといいなと思った物件が
今日はもう載っていなかったりするので
流れが速いんだということも知りました。

不動産屋さんに行ってみる

ネットで色んな物件を見て数か月が経ち、
そろそろ不動産屋さんに行って内見してみることにしました。

①住んでみたい地域の、小さな不動産屋さんに行ってみた
まずは住んでみたい地域にある、昔ながらの不動産屋さんに行ってみました。
希望を伝えると、ファイリングした資料をペラペラめくりながら
条件に合いそうな物件を提案してくれます。
パソコンを持っているところだと、検索でヒットした物件の資料を
印刷してくれます。
地域のことは詳しいので、いろいろと教えてくれますが
担当しているエリアはそこまで広くないので
一発で理想の物件に巡り合える確率は高くなさそうです。
その日はいい物件が見つからなかったため、
連絡先シートに情報を記載して、物件が出たら連絡してもらうように
お願いしました。


②住んでみたい地域の、大きな不動産屋さんに行ってみた
次は、CMで見るような大手の不動産屋さんに行ってみました。
①とは別の日に、違う地域で探してみました。
希望を伝えると、①の不動産屋さんと同じようにパソコンで検索して
良さそうな物件の資料を持ってきてくれます。
なんとなく、①の不動産屋さんが見ていたサイトと同じところで
検索しているような気がしました。
不動産屋さんだけがアクセスできるデータベースがあるみたいですね。

担当エリアはあるものの、車である程度は回ってくれるので
一度に複数の内見をすることができました。

回ったうちの1つに、かなり好印象の物件があったのですが
内見先から不動産屋さんに帰ってきたあとに
「すみません、先ほどの物件、決まってしまったようです。。。」
とのことで、一歩遅かったです。
こんなことも日常茶飯事みたいです。

かなり理想に近かったので、残念だったな~と
肩を落として帰った記憶があります。


③ネットで見つけた物件を内見しに行ってみた
お部屋探しって難しいんだな、そう思い始めて約1ヶ月。
いつものようにスー〇で検索していると、かなりいい感じの物件を発見。

以前にスピードで負けた経験から、すぐ内見したいと思い
その場で不動産屋さんに連絡することにしました。
取り扱いのある不動産屋さんは3店舗くらいありましたが、
とりあえず名前を聞いたことがある店舗に電話。
(営業時間内だったら、電話が一番早い)

「サイトで○○という物件を見て、内見したいのですが!」
そう伝えると、めっちゃスムーズに翌日の予約が取れました。
「似た物件も一応探しておきますね~」と担当のお姉さんが言ってくださって
ついにお部屋が決まるかもしれない!とドキドキした覚えがあります。

そして翌日、お店に行ってみると
担当のお姉さんが笑顔で迎えてくれました。
物件の説明を聞いてみると、新築の物件で現在施工中らしく
まだ内見はできないとのことでした。

でも間取りや周辺地図をGoogleEarthで見せてもらったところ、
文句のつけようがない…
管理会社も大家さんも信頼できるし、内装イメージも素敵!
でも内見せずに決めるのはちょっとなぁ…と悩んでいると
施工中の物件に限り、仮で押さえておくことができると案内されました。
完成後に実際に内見してみて、
もし気に入らなければ(正当な理由で)断ることも可能らしい。
その場合キャンセル料も発生しないそう。
これは、、、やらない選択肢はない!
そう思って、ここに決めました。お部屋探しも一旦終了。


数週間後に内見しましたが、
イメージ通りの良い物件だったので、契約することに。
あの時すぐに電話して本当に良かった!!

やばい不動産屋さんにも行ってしまいました

実は②と③の間に、かなりヤバい不動産屋さんに当たっていました。
どこがどうヤバいのか、見極めるポイントなどお伝えできればと思います。
(あくまで私の体験談です)

その会社は皆さんがイメージするような賃貸の不動産会社ではなくて
難しいことは分からないけど、普通の賃貸とは違って
その物件を紹介しているのはその会社しかなくて、つまり独占状態。
扱う物件数は多くはないけど、自社の商品を売ってるみたいな感じだから
仲介というより貸してるに近いのかも。。。

とにかく、検索サイトで不動産屋さんが1件しか出てこなくて
聞いたことない会社だったら、おや?と思っていい。
会社名をネットで調べてみましょう。


内見にあたって、え?と思ったポイントはこちら。
・内見を予約した前日くらいに電話をかけてくる
なんでか知らないけど、予約した日時を確認するような電話をかけてきた。
契約の手続き関係で電話するならまだ分かるけど…

・不動産屋さんの店舗の立地が悪すぎる
私が行った店舗は、ターミナル駅で立地が良いかと思いきや
めっちゃ治安悪そうなホテル街の近くにありましたw
ここは結構見極められるポイントかも。

・店舗の中が綺麗じゃない
見えるところは綺麗にしているのですが、
トイレを借りた時に暗い部屋を通らないといけなくて、その部屋が汚かった。

内見中に、反応を見て態度が急変する
いまいちだなーと思って「ここがあまり気に入らない」と正直に言ったら
望みが薄い客だと思われたのか、ぞんざいに扱われ始めました。
「じゃあどういう物件ならいいんですか?w」とか
「そういう物件はないですよ、どこもこんなもんですw」とか言われた。
最後は現地で解散させられましたねw

・内見中に他のことをしている
あの担当者、内見中はずっとスマホいじってましたね…
電話がかかってきたら出るとか、それくらいならまだ良いんですけど
明らかに退屈そうな顔されるとムカつきますね。


こういう不動産屋さんには、気をつけましょうね。。。

まとめ

そんなこんなで、やばい不動産屋さんに引っ掛かりそうになりながらも
何とか理想のお部屋に巡り合えました!!

いい不動産屋さんあっての、いいお部屋だと私は思っています。
可能であれば、時間をかけて納得いくまでじっくり考えることを
わたしはオススメします。

仲介手数料といった諸々の初期費用を安く抑えるテクニックとかも
あるらしいので、気になる方は調べてみてもいいかもしれません。
私の場合は、理想の物件が見つかったことに満足してしまったので
まぁいいかと諦めてしまいました…笑

次に引っ越しすることがあれば、チャレンジしてみようかな。
でも今のおうちが最高なので、引っ越す予定は今のところありません♡

一人暮らし女子に向けた、こんな物件がおすすめ!みたいな
お部屋の特徴を掘り下げるテーマもいいかもしれないですね。


ではでは、良い物件探しを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました